« 壁にぶち当たったとき | トップページ | メタルくるる »

壁にぶち当たったとき しょの2

 前回、壁が張り出してきたため穴開け作戦は失敗に終わりました。艦長、我々は負けたのです。惨敗を喫したのです。
 この原因がなんとなくわかりました。それと安易な対処法も。

 わかりやすくするため、平面を2枚、グリッドに沿うように横に並べます。右の平面にクリタル型の穴を開けてみます。クリタルというのは、クリクリ型のタル、もといクリ型のタルタルのことです。

▼前回と同じシミュレーション
バンプ = 1.0
ディスプレイスメント = 0.0
バンプ = 1.0
ディスプレイスメント = 0.083333

 ディスプレイスメントを有効にすると、穴の開いた平面(クリタル面)が前面と、背面にもせり出します。前回の敗因はこれです。

 さて、安易な対処法です。どうせ張り出してくるなら、あらかじめその分後ろに下げときましょう。穴の開くクリタル面だけを、奥行きにあたるZ方向に-0.833だけ下げておきます。この数値はディスプレイスメントの値と同じです。

▼クリタル面:z移動 = -0.083
(プレビュー) (レンダリング後)

 クリタル面が、灰色の線を若干せり出し気味な感じです。z移動値はディスプレイスメントと等価ではダメで、微調整がいるかも。

 背面へのせり出しも気になりますが、周囲に壁を置いて死角にし、隠してしまいます。

▼クリタル面:z移動 = -0.084、周囲に壁設置
(プレビュー) (レンダリング後)

 背面は見えなくなりましたが、何かクリタル面の影が変なとこにあることに気がついた。さかのぼると、周囲に壁を配置する前からのようです。何だこれは。

 とりあえず、影を描かないのなら、ディスプレイスメントを適用するフレームで壁を後ろに押し込んどけばよさそうです。影ありで作るなら…対処法はまたしても謎です。

|

« 壁にぶち当たったとき | トップページ | メタルくるる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/256539/7679043

この記事へのトラックバック一覧です: 壁にぶち当たったとき しょの2:

« 壁にぶち当たったとき | トップページ | メタルくるる »